水虫でかゆみを感じたらニゾラール

きれいな脚

水虫は白癬菌に感染する事によって発症し、白癬菌は皮膚の角質層の中に侵入します。
角質層を構成している物質であるケラチンが水虫の好物となっているのです。
また、角質層には白血球は存在しないので、身体に侵入した遺物を排除するように白癬菌を攻撃する事はありません。
古くなった角質は剥がれ落ちますが、そのスピードよりも水虫が侵食するスピードの方が速いので、水虫は放っておいても治るという事も無いです。
水虫の症状としてはいくつかあり、足の裏側に水疱が出来てかゆみを伴う事もあれば、皮膚が硬化してひび割れたようになるが痒みの症状が現れない場合もあります。
いずれにしても白癬菌が原因となるので、その白癬菌を処理する事が出来れば症状は治まって元の状態に戻ります。
昔は水虫を完全に治療するのは難しいなどといわれていましたが、現在では薬を用いて治療すれば完全に治療する事は可能となっています。

その薬の一つがニゾラールです。
ニゾラールには抗真菌作用があって真菌の細胞膜を構成しているエルゴステロールの合成を阻害する作用があります。
その作用によって白癬菌の発育を抑制して死滅させていく事が出来ます。
ニゾラールはローションやクリームとして患部に一日一度塗布するのですが、塗布する場合には患部にだけ塗布するのではなく、その周辺にもきちんと塗布するようにして治療をする必要があります。
白癬菌は見た目以上に根を張っているので、見た目で変化が起きている部分だけでは十分では無いのです。
また、水虫の症状が一見すると収まったように感じたとしても、それで良くなったからと薬を塗布するのを止めてはいけないです。
白癬菌は角質層の奥に潜んでいるケースもあるので、症状が収まったと思って塗布するのを止めて白癬菌が残っていると再発してしまうからです。