ニゾラールで治療しながら患部を清潔に保つ

クリームを塗る女性

ニゾラールは、ケトコナゾールを主成分とした塗り薬で、真菌を殺菌する効果があり、水虫やカンジダ、白癬など以外にも、脂漏性湿疹にも効果を発揮し、かゆみをしずめて皮膚の赤みを抑える効果があります。
ニゾラールは、使用しているうちに肌が荒れることがあります。
これは、肌に増殖した真菌を殺菌することで、最初は効果がありますが、次第に真菌が減っても肌に必要な常在菌も殺してしまうため、肌荒れを起こしてしまうことがあります。
そのため、洗顔料など化粧品とニゾラールを併用してしまうと、肌に刺激が強すぎてしまい、肌が無菌状態のようになって荒れてしまうと考えられます。
また、使用する際には、患部を清潔に保つことも大事です。

ニゾラールは、皮膚科でも皮膚炎や湿疹、ニキビ治療薬として処方されるもので、医薬品のため、薬局やドラッグストアでは市販されていません。
また、使用するためには、皮膚科で医師の判断の元、処方してもらう必要があります。
ニキビへの効果は、ニキビの元となるアクネ菌を殺菌し、ぶつぶつなどの原因となるマラセチア菌を殺菌する効果があります。
抗生物質の中でも、刺激の弱い薬なので、副作用はほとんどありませんが、ただ、肌が弱い人は、かぶれや赤みがでる可能性があるので注意が必要です。
もし、かぶれなどの症状がでた場合には、医師に相談するようにしましょう。
脂漏性皮膚炎は、脂性やフケ症などの体質を背景に生じる、かさかさした慢性の湿疹で、皮膚に寄生するカビが皮脂を分解して、生じた老廃物が、皮膚を刺激することで、皮膚炎が生じるものです。
脂漏性皮膚炎は、短期間では治療がしにくい病気で、強力なステロイド剤を使用するのを避け、副作用のリスクのバランスをトリながら、長期的に症状を抑えていくことが大事です。