サンダル共有でのニゾラール使用者の有無のリスク比較

水虫の原因となる白癬菌はありふれた真菌であり、水虫を持っている人は少なくありません。
白癬菌に感染しても必ずしも水虫が発症するわけではなく、症状を感じずにキャリアとなっている人もいます。
発症したとしてもニゾラールを用いて治療を行えば毎日一回塗布するだけで完治することが可能です。

ニゾラールを使用している人がいると、水虫持ちだと考えて懸念する人も多いでしょう。
そういう人とサンダルを共有すると簡単に感染してしまうのではないかと懸念するのももっともなことです。
しかし、ニゾラール使用者がいるかどうかでサンダルの共有による感染リスクが上昇するかどうかのリスク比較をしてみるとそれほど変わりません。
日本人の2割程度が白癬菌のキャリアとなっているため、公共の場であればサンダルやスリッパなどを裸足で履くような場所には常に白癬菌がいる状況ができているからです。

また、ニゾラールを使用していると白癬菌の数は著しく抑えられているため、症状がなくなった頃には不顕性感染をしている人とほとんど変わらない程度にしか白癬菌をサンダルに残すリスクがないのです。
まったく水虫を持っていない家族に一人キャリアが入ってきた場合には、それ以前と比較するとリスクが高まるのは確かでしょう。
しかし、公共の場のように誰もが接触する可能性がある場所では水虫持ちでニゾラールで治療をしている人がいようがいまいがリスクに大差はありません。
その点に関して神経質になるよりは、公共の場で裸足になったら感染リスクがあると考えて、皮膚に付着した白癬菌を速やかに洗い流したり、増殖が起こりにくいように高温多湿を避けたりするほうがよほど賢明な対策となるでしょう。